妊娠中の便秘が胎児に与える影響

妊娠中の便秘は下剤を飲んででも出したほうが良いと言われています。

 

その理由は母体の便秘は赤ちゃんに影響を与えると言われているから。

 

では妊婦さんが便秘を放置していたら、どのような悪影響を赤ちゃんに与えてしまうのでしょうか?

胎盤に悪影響を与える

便秘になると悪玉菌が増加し、増加した悪玉菌は有毒ガスを発生させます。

 

このガスは腸壁から吸収され全身をめぐって、胎盤に吸収され胎盤に悪影響を与えます。

 

赤ちゃんが胎盤を通して悪い物質を取り込むことはないと言われていますが、赤ちゃんはこの胎盤から酸素と栄養素をもらっています。

 

10ヶ月間健全な働きをしてもらうためにも、胎盤に悪影響を及ぼす物質は送りたくないものです。

赤ちゃんも便秘になりやすくなる

母体の便秘が赤ちゃんに与える大きな影響は出産時です。

 

赤ちゃんは産道を通って生まれてきますが、この産道内は腸内環境を似ていて腸内にいる細菌が産道にも住み着いています。

 

赤ちゃんはこの産道にいる菌を口に取り込んで生まれてくるため、悪玉菌が多い腸内環境の場合、赤ちゃんの腸にも悪玉菌が多く生息してしまいます。

 

赤ちゃんが便秘になるとお腹が辛くて泣き止まなかったり、綿棒で刺激をしてあげたりと何かと大変です。

 

赤ちゃんにも、ママにも便秘がストレスになって育児ノイローゼにもつながりかねません。

アレルギーの懸念

妊婦さんの便秘が赤ちゃんのアレルギーに関与しているとも言われています。

 

生まれた後にアレルギー体質で苦しむ赤ちゃんもいますが、母体の便秘が少なからず影響している可能性もあります。

 

アレルギーやアトピーにしたくないのであれば、母体の便秘を改善しておくべきなのは言うまでもありません。

 

我が子には健康に生まれてきて欲しい。自分のせいでいらない苦労はかけたくないのが親の本音です。

 

自分が便秘で悩んでいる場合は将来的な赤ちゃんへの投資だと思って腸内環境を改善しておくことがベストです。

 

もちろん、その度に腸を刺激したり、便を柔らかくして便を排出することも可能ですが、将来的に便秘に悩まなくてすむ腸内環境の改善がその先便秘薬に頼らなくてもすむ方法です。

 

目先を考えると便秘薬を飲んでしまったほうが早く効果が出て安値ですみますが、これから先の未来を考えるといつまでたっても繰り返す便秘解消方法ではなく、将来的に便秘から解放される方法で便秘を解消したほうがよりQOLが上がり合計でかかる金額も少なく済みます。

 

健康にはお金を出して、快適な毎日を過ごしてくださいね。