妊娠中の便秘に効くツボ

妊娠中の便秘は本当に辛いです。

 

お腹の赤ちゃんは生まれてくる時のお母さんの腸内環境を引き継いで生まれてくるので、出産時お母さんが便秘のままだと赤ちゃんも便秘になるリスクが高くなってしまいます。

 

自分の苦労は赤ちゃんにはさせたくないもの。生まれてくる赤ちゃんには便秘には悩んで欲しくないですよね。

 

そのためには赤ちゃんが生まれるまでに善玉菌がたくさんのお腹にしておくことが大切。

 

ここでは便秘を改善してくれるツボをご紹介します。

妊娠中の便秘に効果的にツボ

ツボは身体中どこにでもありますが、妊娠さんは手足のツボを押してみて下さい。

 

ただし、押し過ぎは絶対にダメです。

合谷(ごうこく)

まず一つ目のツボは万能のツボと言われてるくらい、色々な症状を改善してくれるツボ【合谷(ごうこく)】です。
合谷(ごうこく)
引用元:DAYSE(http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/matome-img/matome_thumb/matome_20140911122657_541116815811b.png)

 

手の甲の親指と人差し指の骨の間にあるツボです。

 

親指の腹で、5秒ほどゆっくり押してみて下さい。これを3回ほど繰り返しましょう。痛いくらいに押してしまうと逆効果です。つわりの時の吐き気にも効果があると言われています。

神門(しんもん)

二つ目のツボは【神門(しんもん)】です。

 

手のひらを上に向け、小指の付け根からまっすぐ向かった手首にあるツボです。
神門(しんもん)
引用元:http://www.kyushin.co.jp/advice/advice_e05.html

 

手首のシワ、骨と筋の間にあるくぼみです。親指の腹でゆっくり刺激してみて下さい。

 

このようなツボを毎日空いた時間でいいので、押してみると不思議とリラックスでき、腸の動きも改善され便秘も解消されますよ。

 

一度試してみて下さい。