妊娠中の便秘の原因とは?

妊娠中の便秘の原因は、いくつか考えられます。

 

どれか一つだけというよりもいろいろな原因が絡み合って便秘を引き起こしている場合もあるので自分の場合、どれが原因として考えられるかチェックしてみてください。

 

ホルモンの影響

妊娠中は子宮の収縮を抑える働きのある黄体ホルモンが活発に分泌されます。

 

黄体ホルモンは子宮だけでなく腸の筋肉まで抑制するため腸の蠕動運動が減ってしまいます。

 

また、黄体ホルモンは体内に水分を溜め込もうとする働きもあり、大腸から吸収する水分の量も増加するため、便が固くなり排便しづらくなります。

 

子宮の圧迫

胎児が成長するにつれ、子宮も大きくなります。それにより、腸管が圧迫されて便が通るスペースが狭まり、スムーズに排便することが困難になります。

 

妊娠週数が進むにつれ子宮も大きくなるので、妊娠後期になるとよりひどくなるケースが多いようです。

 

食生活の変化

悪阻により食生活が変化することも原因の一つです。

 

どうしても食事のバランスが普段に比べ偏りがちになるため、食物繊維や水分が不足して便秘になりやすくなります。

 

また、食事の量が減ることにより単純に排便の回数が減ってしまうのです。

 

妊娠してから便秘になってしまった場合は自分が食べられるものの中から便秘に効果的な食べ物を見つけておくと良いでしょう。

 

ストレス

妊娠中に働いている場合や、妊娠したことで妊娠前とは違う体質、体型、生活になったことがストレスに感じることもあります。

 

ストレスは大腸の蠕動運動をコントロールしている副交換神経の働きを弱めます。そのためストレスが強くなると便秘になりやすくなります。

 

妊娠中はお腹の赤ちゃんのためにも可能な限りストレスは避けたいです。

 

自分の好きなことをする、リラックスする時間を設けてストレスをためない生活を心がけてくださいね。

 

妊娠中の便秘解消法

妊娠中の便秘を解消するためにまず気をつけたいのが、体に負担がかからない方法で解消するということ。

 

間違っても市販の下剤を使用しないでください。

 

市販の下剤は妊婦さんが飲むことを想定していません。そのため妊娠中に飲むと予期していなかった反応が出てしまう可能性もあります。

 

妊娠中はすっきり贅沢抹茶など妊娠中のためにできた食物繊維が豊富な水分で不足した水分を補ってくださいね。

 

また食事は食物繊維を意識して見てください。食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がありどちらか一方ではなく両方バランスよく摂取することが大切です。

 

またつわりが落ち着き安定期に入ったら運動もしましょう。過度な運動は避け、ウォーキングなど気持ちよく体を動かす程度の運動が理想的です。